30代以降女性が加齢でホルモンバランスが崩れる原因と理由とは

女性ホルモンが減少する原因と理由

30代以降の女性が加齢によりホルモンバランスが崩れる原因と理由があります。

30代半ばに女性ホルモンは減少し始める

女性は30代半ばになると身体に色々な変化が出たりします。

例えば、声が低くなったり、腕や足など体毛が濃くなったり、女性のひげで悩むということもよく耳にします。

その理由には女性ホルモンの減少があります。

女性は30代の半ばに突入すると徐々に女性ホルモンが減少しはじめ、当然ですが40代、50代・・・と女性ホルモンは減り続けることとなり身体の中で男性ホルモンが優位にたつということとなります。

そうしたことが原因となり、身体の中の変化が身体の外へと表れてくるということなのです。

女性ホルモン減少への対処対策とは

それの対策として女性が出来ることは、

  • 食べ物にこだわり食事バランスと整える
  • 睡眠環境をしっかりと整える
  • 早寝早起き決まった時間⇒規則正しい生活リズムで毎日を送る

などなど、つまり日常生活を規則正しくしっかりと整えるということです。

そうすることで女性ホルモンの減少を予防、対策することが可能となります。

生活環境を整えるには食事と睡眠から整える

食べ物にもこだわり、睡眠環境にもこだわるということです。

例えば、食べ物でいえば女性ホルモンのエストロゲンと非常に酷似しているといわれている大豆イソフラボンを意識的に摂取することがおすすめです。

大豆イソフラボンは、私たちの身近にあるものでいえば、納豆や豆腐、豆乳などに含まれていますので1日1食はどこかのタイミングで取り入れるというのも良いでしょう。

睡眠環境でいえば、お風呂をシャワーだけで済ますことなくちゃんとお風呂に浸かるなど、また寝る前にスマホやPCなど強い光を放つものは極力触らない様にしたり、また布団や枕にこだわってみるというのもひとつです。

年齢を重ねると手入れ(メンテナンス)が必要

女性だけにかかわらず男性も年齢を重ねると様々な部分で手入れ(メンテナンス)が必要となってくることは仕方ありません。

どれだけしっかりと出来るかで今後のあなたが決まってくるといっても過言ではないでしょう。

私も頑張っています・・・^^;

そういうところをあきらめることなくしっかりと取り組んでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする