風邪薬や解熱剤に頼るよりも睡眠という休息で身体を休める

すぐに「風邪薬」や「解熱剤」に手を出す人をみると、長い目でみて、どうなのかなぁ、と思ってしまいます。

もちろん、健康管理は、自身が一番良い、と思ったものを実行するのが、一番納得するので良いのだとは思うのですが・・・。

私がすぐには解熱剤を飲まない方がいいんじゃないかなぁ、と思う理由のひとつは、「発熱」という症状をしっかりと考えた上でのことです。

「発熱」している状態というのは、身体の中で、細菌やウイルス(癌細胞も含む)と闘っている証拠です。

つまり、細菌やウイルス・癌細胞などは熱に弱い為、体温を上げて戦う必要がある、ということ。

それなのに、解熱剤で熱を抑えてしまうと、結局細菌やウイルスとは闘えないことになるので、身体を余計に苦しめる行為なんじゃないかなぁと思ってしまうのです。

おもいっきり汗をかいて、しっかり水分をとって、ゆっくり身体を休めて治せるものならそうしてみたらいいのに、と思ってしまうのです。

ただし、38.5度を超える高熱なら、身体へのダメージの方が大きくなるため、解熱剤に頼った方がいいのかもしれません。

そして何よりも睡眠の重要さです。

まず健康管理にはしっかりとした良質な睡眠をとることが大切となります。

健康は女性に必要不可欠な美容にとっても非常に大切なところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする