初心者よ聞け!ヨガの効果を得るにはヨガポーズ?よりも呼吸方法が大切なポイント?

ヨガの効果が知りたい!呼吸方法が大切なポイント!

『初心者よ聞け!ヨガの効果を得るにはヨガポーズ?よりも呼吸方法が大切なポイント?』ということで・・・そこのあなた!ヨガの効果で更年期を回避できるかもしれません!

ヨガの効果で人間の身体の何が変わるのか?

ヨガで何が変わる?のかというと・・・、

  • 血流の循環
  • 新陳代謝UP
  • 身体のゆがみ改善
  • ホルモンバランスを整える
  • 内臓の活性化
  • メンタル面の安定
  • 脂肪燃焼
  • 肩こり
  • 冷え性の軽減
  • 細胞の活性化

などなど書き出せば切りがない程ですと、ヨガにはあらゆる効果がみられるそうです。

ヨガのイメージは人間業と思えないポーズをとってこそ?

ヨガのイメージとして、難しく、人間業とは思えないようなポーズをとってこその効果だと思っていませんか?

実は私は・・・そう思っていました。

ヨガはすごい事が出来てこそ得られる健康?のような・・・でも実際ヨガをかじり始めてわかったのです。

ポーズの前に呼吸を習得することが大切だということを。

これまで自然にしてきた呼吸とヨガの呼吸方法の違い!

これまで自然にしてきた呼吸・・・その呼吸をヨガの時には、ものすごく意識しながらします。

深く吸って深く出す。

出す時は、口からでも、鼻からでも、どちらでもよいのですが、とにかく、深く長くを、意識します。

私が驚いたのは、吸った息を背中に入れて下さいと言われ、頭の中は?マークで一杯になり、呼吸が止まってしまいました。

だって・・・入れてみようとした事ありますか?

背中に呼吸!考えれば考える程、呼吸困難を起こしそうになるのですが、ヨガでは、肺だけでなく、普段届いていないであろう場所にまで、身体の隅々にまで届くよう、あらゆる場所に神経を張り巡らし、呼吸を届け、その呼吸に合わせ、しなやかにポーズをとる!というのは、理想で、私は、とてもじゃないですが、しなやかになんて言葉とは程遠いです。

呼吸と連動させることの難しさを痛感していますが、少しずつ理解できては、きています。

呼吸と連動させることで、痛みを回避できたり、できなかったポーズがとれたりできるのです。

いかに呼吸が大切かわかりますよね?

呼吸法を自分のものにできた時に得られるもの

更年期世代の方は必見です。

私も、まさかヨガをすることで、更年期にまで効果があるなんて思ってもいませんでした。

ですが、レッスンに通い、自分の身体の変化に気づき、これまでの、辛かった、めまいや自律神経失調症の症状がほぼなくなっていたので、これはもしかしてと、調べてみたら、ヨガは自律神経に働きかけると書いてあったのです。

自律神経を整えて、尚且つ、呼吸によって、脳の働きがよくなり、ホルモンバランスも整うそうです。

そして、何より、私が悩んでいた更年期特有の代謝が低下し、体重が増えやすくなるという難題も、普段使わない筋肉を使い、汗をかく事で、血行やリンパの流れがよくなるので、溜まった老廃物を流し、代謝をあげてくれるんですって!難題解決です!これを聞けば、迷うことないですよね?

今すぐヨガを始めたくなりませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする